【お知らせ】「総柄の更紗展」H28.10.15より開催いたします


更紗は本来、布いっぱいに隈無く唐草や鳥獣の紋様が広がる、異国の雰囲気を感じさせる独特な柄が特徴です。

本展では、更紗本来の不思議な世界観を感じさせる総柄の圧巻な作品群を集めて展示いたします。

青木寿恵が描き出した連続する紋様と色彩が交錯する作品に囲まれているとまるで美しい万華鏡の世界に迷い込んだような感覚に包まれます。

植物染料のやさしい色あいが奏でる心地よい誘惑に、あなたも身を委ねてみませんか。



これまでの展覧会

banner 美しきタペストリー展
banner 世界を旅する更紗展
banner 素朴でかわいい更紗展
banner 色彩の更紗展

青木寿恵

青木寿恵 1926年(大正15)大阪府枚方市に生まれる。
ローケツ染めを生業とする傍ら、1965年より手描き更紗の研究をはじめ、
東京銀座和光ホールをはじめ全国で個展開催。
1977年(昭和52)には日本文化使節としてイタリアローマ文化会館にて
初の海外個展開催を機に世界各国での個展、講演を重ね、以降更紗芸術家として
世界に渡る芸術文化活動を推進。

ページトップへ